副業Webライターで月5万円は可能?【結論:十分可能です】

副業を検討している方の選択肢の1つとしてWebライターがあります。

納期さえ守れば、いつ記事を書いてもよいために時間の融通がききやすいのがメリット。

アルバイトのように時間に縛られずに稼ぐことができます。

 

本業とのバランスをとるには、時間の融通がきくほうが便利!

 

しかし、Webライターがきちんと稼げる仕事なのかについては疑問が残るでしょう。

 

結論から言うと、副業ライターでも月5万円は稼げます。

この記事では実際の仕事量や受注の仕方などを中心に解説していきます。

 

この記事の結論

  • 記事や文字単価を見極めれば5万円は十分可能
  • 仕事受注の方法は、直接契約とクラウドソーシングの2択
  • クラウドソーシングは知名度や実績のない方に最適

書くことに苦手意識がないなら、とりあえずやってみるといいね!

 

副業Webライターで月5万円稼ぐのはどれくらい大変?

結論を読んだから、稼げそうなことはわかったよ。

でも、会社で働いて合間でやるから時間はそんなに取れないなあ。

本業でクタクタで平日は無理だし…。

 

恐らくこのような考えをお持ちでしょう。

そこで、Webライターとして5万円稼ぐための仕事量について解説します。

 

ライターは、自分が執筆に書けた時間で時給が変わる

ここで解説していくのは、主に業務委託のWebライターです。

ほとんどの副業ライターはこの形をとっているでしょう。

業務委託はほとんどが固定報酬。

記事の作成依頼をしてくれるクライアントは、完成した記事に対して報酬を支払うので、完成しない限りはお金が入りません。

 

え、じゃあ修正とかが続く限りはお金は入んないのか…。なかなか厳しいもんだね。

でも、スラスラかけて修正がなければ時給は高くなるね。時給の計算も大切そう~!

 

もちろん業務の効率を考える上では時給の計算も大切です。

しかしはじめのころは、スキルを身に着けながらお金をもらう感覚のほうが良いでしょう。

時間をかけて苦労した場合には学びが多く、長い目で見て業務の効率化が実現できる可能性もあるからです。

 

なるほど。でも時給も大事だよね~(だって稼ぎたいもん)

 

Webライターの仕事量は文字や記事の単価でも変化する

ライターで月5万円稼ぎたいという場合には、文字単価や記事単価について理解をしておくことが不可欠です。

そこで、言葉の意味を確認します。

文字単価:1文字あたりの報酬。文字単価は0.1円~5円前後のものが多い。

記事単価:1記事あたりの報酬。文字数の指定がない場合には、どれだけ書いても同じ金額が報酬となる。

多くの場合は文字単価ベースで発注されます。

じゃあ、文字単価が高いほうが良いってことだよね?高い仕事もらいたいなー!

 

文字単価による報酬の違いを確認

記事を書く時間が同じ場合、文字単価が0.5円の場合と1円の場合を比較すると、2倍の収入の差があります。※文字数3,000字の場合

文字単価によってどれくらいの差があるのかなー。

実は、文字単価はライターの収入を大きく変えるものです。

上の図のように、文字単価が0.5円と1円では倍の収入差となります。

そのため、できるだけ高い文字単価の案件を獲得すれば、効率的に稼ぐことが可能。

とはいえ、はじめから単価の高いものを狙うのはおすすめしません。

一般的には、文字単価が上がれば上がるほど専門的な知識が必要となり、難易度があがります。

 

注意

文字単価が安すぎるもの(0.1円~0.5円前後のもの)にも注意が必要。

依頼の詳細を見て「難しそうだ」「怪しいな」と判断したものは手を出さないのがおすすめ。

文字単価と難易度が比例するとは限りません。

 

単価高いのを狙いすぎても難しすぎるし、低すぎるのも注意が必要なんだね。

やってみてコツをつかむしかないか。

記事を1本書き上げる時間で報酬は変化する

さきほど紹介した図のように、文字単価と時間の変化で報酬は変化します。

そのため、月5万円を稼ぐのがきついという人もいれば、楽という人もいるでしょう。

 

もともと文章を書くのが得意な場合には、5万円を稼ぐのは苦にならないでしょう。

文字単価が1円の場合には、5万字を書けば5万円。

休日のみ副業ライターをするとしたら、月に8日間は執筆に当てられます。

そのため、文字単価1円の仕事を狙えば、休日1日あたり6,250字を書けば目標達成です。

思ったよりも少ないかも。

ちなみに、記事の依頼は3,000字くらいのものから5,000字くらいのものまで幅があるらしいよ。

 

副業Webライターとして仕事を獲得する方法

なんとなく稼げるイメージはできてきたけど、みんなはどうやって稼いでるの?

実際に稼ぎたい!と思った人は、自分で仕事を獲得する必要があります。

そんなときには大きく2つの方法があるので紹介します。

 

クラウドソーシングの利用

仕事受注のハードルが低いのは、クラウドソーシングといえるでしょう。

 

クラウドソーシングで有名なサービスは、

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • サグーワークス

などです。

 

どのサービスもクライアントと仕事を受けたい人をつなぐサービスとなっています。

ランサーズについてはこちらの記事に詳しく書いているので、ご参照ください。

ランサーズは副業向き?【副業ライターは誰でも始められます】

 

好みのクラウドソーシングを使うと良いみたいだよ。

ちなみに、サグーワークスはプラチナライターテストというのがあるらしい。

 

クラウドソーシング以外で仕事を受注する方法

もちろん、クラウドソーシング以外でも仕事の受注は可能です。

 

例えば、

  • ライター募集サイトへの応募
  • Twitterやブログから依頼を受ける
  • 人脈を駆使する

などの方法があるでしょう。

 

クラウドソーシングよりもハードルが高くなりますが、ある程度慣れてきたらクラウドソーシングを卒業してもよいでしょう。

 

もちろんクラウドソーシングでたくさん稼いでいる人もいるから、必ずしも卒業しなくてもいいみたいだよ。

 

まとめ

今回は、副業Webライターで月5万円を稼ぐことができるのかについて解説しました。

 

もう一度要点を確認します。

  • 5万円を稼ぐことは可能
  • どんな額を稼ぐにしても、文字単価や記事の書きやすさによって辛いかどうかは変わる
  • 仕事をとるのには、クラウドソーシングがはじめはおすすめ
  • ある程度実績がついてきたら、クラウドソーシング以外も活用しよう

とにかくはじめてみないとわからないと思うので、興味がある方はWebライターをはじめてみると良いと思います。

 

月5万円増えたら、1年で60万。ボーナスがもう一回来るみたいだな…!!