文字単価はWebライターの収入に直結します【相場を知ろう】

ライターとして仕事をしていく上で、おさえておきたいのが文字単価。

もちろん文字単価だけで仕事を決めるのはおすすめしませんが、相場を知っておくとトラブルを回避できる可能性が高まります。

 

Lancersをみてみたけど、何が安すぎる案件なのかよくわかんなかったよ。

 

この記事は、文字単価の相場観を知り、ライターをはじめたときにトラブルを回避できるような情報を紹介していきます。

 

この記事の結論

  • 0.5円以上を目安に
  • 1円以上の案件にも応募しつつ、単価の低いものを確実に受注
  • あまりにも安い案件は注意が必要

文字単価って色々あるもんね~。高いのは怖くて応募できなかったよ。

 

文字単価でライターの収入が決まる

 

そもそも、文字単価ってどんなものなの?

文字単価は、ライターが原稿の依頼を受ける際に使われるものです。

1文字あたりいくらの報酬なのかということを指しています。

 

基本的には、単価が高いほど原稿の報酬があがっていきます。

そのため、たくさん稼ぎたい場合にはより高単価なものを狙うのがおすすめ。

 

じゃあ、5円とか10円とかとれたら最高だね!

 

ただし、ライター経験がない場合には、高い単価を狙いすぎるのも危険です。

単価が高いものは、専門性が高かったり求められている質が高い傾向にあります。

そのため、なかなか記事が書けずにクライアントに迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

 

また、時間あたりの効率を考える場合には、たとえ単価が安くても書きやすいものを書くのもおすすめ。

自分の得意な分野や体験談などスムーズに書けるものを選べば、たとえ報酬が安くても時給はあがるでしょう。

 

こっちの記事でも文字単価について説明をしてあるよ!
副業Webライターで月5万円は可能?【結論:十分可能です】

 

ランサーズにおける文字単価

ここでは、ランサーズを例に挙げて相場や案件の探し方について紹介します。

ランサーズってなに?という人は、こっちの記事に説明があるよ!
ランサーズは副業向き?【副業ライターは誰でも始められます】

ランサーズのサイト上で適正価格が示されている

文字単価の相場を知るには、公式サイトの情報を頼るのが確実です。

ランサーズのサイト上に相場についての記載があったので引用します。

 

記事作成・ブログ・体験談

一般的なテーマ:0.5 〜 2.0円 /文字

特定のテーマ:0.8 〜 3.0円 /文字

専門性なテーマ:1.2 〜 5.0円 /文字

※具体的な依頼内容や依頼相手によって変動します

引用元:仕事の種類・参考価格 | ランサーズ

 

ランサーズ上では3つにわけて単価が示されていました。

ライターを始めたばかりの頃は「一般的なテーマ」を書くことが多いでしょう。

すると、少なくとも0.5円以上のものを狙っていくのがおすすめです。

 

ただし、0.5円の案件でも作業工程が複雑であったり難しい案件も多くあります。

単価だけで判断せずにクライアントの依頼内容もきちんと確認するのがおすすめです。

 

もちろん、資格を活かしたテーマを書く場合には1.2円以上が相場となります。

専門性がある案件で1.2円は個人的には安すぎる気がするので、もう少し高いものを狙うのがベスト。

ただし、実績づくりのために書くのは良いでしょう。

 

そして、ランサーズではAIによる価格判定も始まっています。

価格に応じて

  • 優良価格
  • 適正価格
  • 市場価格と相違
  • 判定対象外(これはAIが判断してくれていないもの)

の4つが案件に示されるようになっており、価格の参考になるので確認するとよいでしょう。

 

AIだからまだ確実じゃないかもしれないけど、案件が選びやすくていいよね!

 

ランサーズにおける文字単価の調べ方

ランサーズでの文字単価の調べ方は簡単。

仕事を探すページの「ライティング・ネーミング」を開くと、案件の一覧がでてきます。

 

一つ一つの案件に注目すると、

固定1.00円/文字という表記を見つけられるでしょう。

これが文字単価です。

じゃあ、自分の受けたい文字単価を探す方法は?1円以上にしぼりこみたいな~

 

1円以上の案件に絞り込むのはとても簡単。

案件検索画面の左側に「よく検索される条件」というところがあります。

そこに文字単価1円以上という条件指定があるので、これを押すと検索できます。

 

1円以上にもチャレンジしてみよっと!

ライター初心者が狙うべき単価は?

ライターをはじめるときには、いくらの案件をとったらいいのかな?

初心者歓迎!っていう案件も多いけど、文字単価が低いような…。

 

1円未満のもので仕事の流れを理解して、すぐに1円のものに挑戦するのがおすすめ

まずは、1円未満のものに挑戦してみるのがおすすめ。

ランサーズ等のクラウドソーシングでは、

仕事の応募⇒当選⇒契約⇒仕事の開始

という流れになるので、まずは応募して当選することが重要。

 

まずは実績を作るためにも競争率が低い1円未満のものに応募しましょう。

そこで仕事の感覚をつかんだら、1円以上の案件にも応募していきます。

 

確実に収入が欲しい場合には、1円以上に応募しつつ1円未満の案件を確実にとっていく方法がおすすめ。

そうすれば、収入を安定させることができるでしょう。

 

注意
ただし、1円未満でも相場より低いものはやめておくのがおすすめ。

仕事とりたいからと安すぎる案件(0.4円以下)に手を出すのは控えると良いでしょう。

単価が低すぎる案件はトラブルに巻き込まれる可能性も高くなります(全てがそうとは言えませんが)。

他の方の意見

参考までに、Twitterで見かけた文字単価に関する意見を紹介します。

この方は、クラウドソーシングの案件には「ブラック案件」があることを紹介しています。

確かに4000文字で500円は対価に合わない気がします。

仮に5時間かけて書き上げたら1時間100円

このような案件はおすすめできません。

 

この方は、最初に受けた仕事を振り返っています。

文字単価が安い案件は、マニュアルが多かったりするため、かえって時間がかかることも。

私もきこさんと同じように、安すぎる案件はレギュレーションが細かったり修正が多いイメージがあります。

「もしかしたらこの案件は細かい案件かも」と予測しながら応募できるのが理想です。

 

この方は、文字単価1円以下を論外としています。

確かにリサーチを含めると割りに合わないと感じる場合もあるでしょう。

実力があればきちんとした報酬をくれるクライアントもいます。

私も実績がまだ少ないですが、高単価な案件をいただけるようになってきました。

慣れてきたら、どんどん高単価のものにも挑戦するとよいでしょう。

 

とりあえず、書きやすそうなものから応募してみようかな!

 

おまけ(すずゆうのはじめての案件)

ちなみに、私のはじめての案件は0.4円。

今考えると相場よりやすかったです。

細かなレギュレーションもなく、記事を見やすくするためのアドバイスをくれるクライアントさんだったのでラッキーでした。

クライアントとの相性も大切だね。

 

また、ここで記事を書いた実績があったために今の案件獲得につながっています。

まとめ

今回は、Webライターの文字単価について紹介してきました。

 

要点を確認すると、

  • 最低でも0.5円以上の案件がおすすめ
  • 競争率の低い案件に応募しつつ、1円以上に応募するとバランスが良い
  • 安すぎる案件ほど募集要項を良く見る

とはいえ、仕事をしてみないと感覚はつかめないと思うので、やろうと思ったタイミングでどんどん応募してみることをおすすめします。

とりあえず案件検索してみよ~