ランサーズの評判は?体験談や口コミを認定ランサーが紹介!

ランサーズを調べてみたものの、体験談や口コミを知りたいと思ったことはありませんか。

 

実際に使っている人の口コミが知りたいよね

今回は、ランサーズを1年以上利用した私が体験談や口コミを紹介していきます。

 

この記事の結論

  • ランサーズは良い点が多いが、もちろんデメリットもある
  • 専業ライターとしても十分使えるツールである

 

記事を執筆しているすずゆうのプロフィール

簡単に紹介します。
  • フリーライターとして活動中
  • ランサーズ使用歴1年以上
  • 認定ランサーとして活動中
  • 受注案件は150件以上

ランサーズは毎日ログインしており、案件もこまめにチェックしています。

そんな筆者が、利用者の目線からランサーズのメリットや口コミを紹介してきますので、参考にしてください。

 

ランサーを1年使ってみてわかったこと【メリット編】

ランサーズのメリット

 

ぶっちゃけ、ランサーズって使いやすいの?稼げるの?

 

結論としては、使いやすくメリットの多いサイトといえます。

具体的には、以下の5つがメリットです。

 

  • 登録も簡単で、在宅勤務が気軽にできる
  • 仮払い制度があるので報酬が確実に回収できる
  • プロフィール経由で依頼が来ることもあり、営業の労力が減る
  • 案件の検索がしやすい
  • 確定申告が楽

 

結構メリットが多いんだね!

 

ここからは、1つひとつを掘り下げて紹介していきます。

 

登録が簡単で、在宅勤務が気軽にできる

ランサーズの一番のメリットは、登録が簡単なこと。

18歳以上であれば、資格等がなくても登録ができます。

 

また、下記SNS等のアカウントでも登録が可能です。

  • Google
  • Yahoo!
  • Facebook
  • Linkedin

登録はしやすいみたいだね!

 

そのため、在宅での仕事をしたい方や副業をはじめたい方にぴったりなサービスといえます。

 

仮払い制度があるので報酬が確実に回収できる

「報酬を回収」ってどういうこと?

 

ライターや動画編集、イラストなどの仕事は「業務委託」という形で受けることがほとんど。

納品したものに対してお金が支払われることになるのですが、中には納品したのに支払いをしてもらえないこともあります。

 

そんなこともあるんだ!報酬がもらえないのっておかしくない?

 

実際にフリーランスとして活動している方には、未払いを経験した方がいらっしゃいます。

https://twitter.com/withcocoreo/status/1219219071079604225

 

ランサーズでは、報酬未払いのトラブルを防ぐために「仮払い制度」が導入されています。

 

仮払いってなに?

 

仮払いサービスとは、仕事の報酬を仕事を行う前にランサーズが一旦代金をお預かりして、仕事が完了した段階で、ランサーズからランサーに報酬が支払われる仕組みです。仕事をしたのにお金が払ってもらえない、お金を払ったのに仕事がされないといったトラブルを未然に防止できます。

引用元:仮払いって何ですか? | ヘルプ | クラウドソーシング「ランサーズ」

 

ランサーズでは、クライアントの仮払いが完了してから仕事をはじめることになっています。

そのため、「納品したのにクライアントと連絡がとれない」という事態になっても、お金を支払ってもらえるのです。

お金が振り込まれたかどうかはランサーズ上で簡単に確認できるので、初心者でも安心できます。

 

プロフィール経由で依頼が来ることもあり、営業の労力が減る

ランサーズでは、自分のプロフィールページを作れます。

今までランサーズ上で築いてきた実績が表示されるほか、最大1,000文字でプロフィールを紹介することも可能です。

 

自分を売り込めるんだね!

 

実際に、プロフィールを見たクライアントから相談を受けたり、依頼を受けることもあります。

そのため、案件に応募をしなくてもスケジュールが埋まることが多く、営業の手間が省けてしまうのです。

 

そしたら、書く事に集中できていいよね〜

 

特に認定ランサーになると、仕事が取りやすくなったり直接依頼をもらえることがあります。

認定ランサーについては、こちらの記事で解説しているので参考にしてください。

ランサーズで認定ランサーになるのは難しい?【実績を積み重ねよう】

案件の検索がしやすい

ランサーズではクライアントが仕事を募集しており、それに提案することで仕事を受注できます。

自分にあった案件を効率よく探せると、提案の文章に時間が割けていいですよね。

確かに、応募する案件を探すのも、結構時間がかかるもんね

 

ランサーズでは、仕事の検索がしやすいように様々な工夫がされています。

  • 文字単価で条件指定をした検索
  • AI判定による報酬価格の判定
  • 仕事フィードによる求人紹介
  • 「文字単価1円以上」「記事10本以上」などを1タップで検索

こう見るとたくさんあるけど、特に良いと思う工夫はどれなの?

AI判定は、記事の適正価格を知る参考にもなります。

「優良価格」「適正価格」「市場価格と相違」の3つでプロジェクトの価格を判定。

そのため、案件の具体的な内容を見る前から価格妥当性を知れますよ。

安すぎる案件だと、疲れちゃうもんね

 

ライターの文字単価については、こちらでも詳しく解説しています。

文字単価はWebライターの収入に直結します【相場を知ろう】

 

確定申告が楽

ランサーズでは、確定申告の手間が省けるような機能もあります。

請求書のやりとりがないんだもんね。どうやって確定申告するの?

 

  • CSVデータを会計ソフトに取り込み
  • マネーフォワード確定申告

 

マネーフォワードを利用している方は、設定をしておくと自動で取引内容が取り込まれます。

そのため、ランサーズ利用分は会計処理の必要がなくなるのです。

 

それはめちゃくちゃ便利!

 

ちなみに私は、freeeを利用しています。

CSVデータダウンロードできるので、マネーフォワード以外の会計ソフトの方でも便利に利用できますよ。

 

確定申告は面倒だから、できるだけ簡単に済ませたいね

 

ランサーを1年使ってみてわかったこと【デメリット編】

ランサーズのデメリット

 

ランサーズって、使い勝手が良いイメージがついてきたけど、悪いところはないの?

 

ランサーズにも、もちろんデメリットはあります。

1年間利用してきて感じたデメリットは5点。

 

  • 手数料が高額
  • 報酬の表記方法がわかりにくい
  • 求人の応募人数が多く、仕事がとりにくい
  • 低単価の案件も多く存在
  • 怪しいと思われる案件もあるため注意が必要

 

それぞれ順番に解説していきます。

手数料が高い

まずは、お金の面です。

クラウドソーシングが全般的にそうですが、手数料が高いです。

 

ランサーズの手数料
  • 20%(10万円以下の部分)
  • 10%(10万円超〜20万円以下の部分)
  • 5%(20万円を超える部分)

参考:システム手数料の計算方法を教えてください | ヘルプ | クラウドソーシング「ランサーズ」

 

え〜!こんなにとられちゃうのか・・・。10,000円稼いだら8,000円しか手元に来ない・・・。

 

ランサーズをはじめたころは、この手数料の高さがとても気になっていました。

しかし、ランサーズのメリットを考えると手数料も仕方がないのかなと思います。

 

ランサーズ外で案件を探して契約をするよりはリスクが少ないため、なんだかんだでランサーズを使い続けています。

手間も省けるし仮払いもあるもんね。

 

とはいえ、もう少し手数料が安くならないかなと思うのでデメリットにしました。

 

報酬の表記方法がわかりにくい

ランサーズは、報酬の表記方法が非常にわかりにくいです。

様々な用語があります。

 

ランサーズ報酬関係で使われる用語
  • 契約金額(税抜・税込)
  • ランサー手取り(税抜・税込)
  • 源泉徴収
  • システム手数料

参考:契約金額・ランサー手取り 計算ツール | クラウドソーシング「ランサーズ」

 

提案のときには、契約金額(税抜)で見積もりをする必要があります。

しかし、クライアントの募集案内には記事単価(ライターの場合)で書かれているのです。

記事単価は、ライターの手取りなのかクライアントが支払う額なのかがはっきりしません。

 

うーん、確かにわかりにくい。

 

せめて、クライアントの募集にも契約金額で表示してもらえたらいいなと思っています。

もちろん、金額のあとに(税抜、手数料抜き)と書いてくださるクライアントさんもいますが、全てではありません。

 

自分がいくらもらえるのかがわかりにくくなっちゃうのは、デメリットだね

 

最近は案件の応募人数が多く、仕事がとりにくい

2020年に入ってからは、特に仕事が取りにくくなっています。

主にライターの話ですが、案件の応募数が30件を超えていることも。

そのため、なかなか提案が通らない場合もあり仕事を取るのが難しくなってきているのです。

 

副業ブームで始める人が増えたのかな。

 

こればかりはランサーズではなく需要と供給の問題なのでなんとも言えませんが、デメリットにしました。

 

低単価の案件も多く存在

クラウドソーシングでは、低単価の案件の募集があります。

ランサーズも例外ではなく、文字単価0.1円の案件や0.1円を下回るものまで・・・。

 

もちろん、文字単価だけで案件を判断するのは良くないのかもしれません。

とはいえ、5,000文字書いて500円の場合には、ランサーの手取りは363円になります(手数料込み・税込み金額で契約した場合)。

 

5,000文字を書くのに6時間かかったとしたら、時給は・・・。おそろしい。

 

低単価の案件は1年前に比べて少なくなった印象がありましたが、2020年の3月頃からまた増え始めています。

低単価過ぎる案件があるのは、サービスのデメリットとなるでしょう。

 

怪しいと思われる案件も多いため、注意が必要

最後のデメリットとして、中には怪しい案件が多くあるため注意が必要な点があります。

 

怪しい案件ってなに?

 

たとえば、マルチ商法にかかわるものが募集されていることがあります。

ランサーズがパトロールを行っているものの、そのような応募は後を耐えません。

「高額な案件だ!」と思ったら、ネットワークビジネスに勧誘されていたという場合もあるようです。

 

ランサーズの2020年4月度品質向上委員会によれば、マルチ商法の違反件数が最近増えているようです。

そのため、利用者であるランサーは注意をする必要があります。

 

クライアントが全て良い人とは限らないもんね・・・。

 

ランサーズの良い口コミや評判を紹介

ランサーズの良い口コミや評判

 

ここでは、私以外のランサーズ使用者の口コミや評判について調査していきます。

主にTwitterから引用するので参考にしてください。

 

この方はランサーズの、即金性や積み重ねが可視化されることをメリットに感じているようです。

確かに、受注した案件数やランクがプロフィールに表示されるので実績がわかりやすくなっています。

仮払いしてから仕事がはじまるし、入金遅れがないのもメリットだよね

 

 

文字単価13円!?すごい・・・!

ランサーズでは、公開されている募集のほかにクライアントからの直接依頼があります。

 

直接依頼される案件の中には、報酬の高いものもあるのでたくさん稼ぐことができるでしょう。

実績の積み重なりが見えるランサーズでは、クライアントからの直接依頼も多くありますよ。

特に、認定ランサーになると直接依頼が増えていきます。

 

私も直接依頼をいただいたクライアントさんと、長期でプロジェクトをすすめています。

 

この方は、ランサーズでの合計報酬が1,200万円をこえたそうです。

そんなに稼げるんだ・・・!

 

また、約1,800日以上使用している長期利用ユーザーでもあります。

ランサーズは、長期利用する方も多いので安心です。

ランサーズの悪い口コミや評判を紹介

ランサーズの悪い口コミや評判

 

もちろんランサーズにも、悪い口コミや評判もあります。

ここでは、それらを中心に紹介するので参考にしてください。

どんなのがあるんだろう・・・

 

この方は、ランサーズ等での低単価の案件についてツイートしています。

5000文字で1,000円の場合には、文字単価0.2円。

 

残念ながら2020年の5月現在でも、このような低単価の案件は多数あります。

とはいえ、去年に比べたら低単価の案件は体感で減ってきているので、これからに期待です。

 

さすがに安すぎるよね

 

https://twitter.com/chigasaki0914/status/1175454919408488450

この方は、「地雷クライアント祭り」と表現されています。

 

リプ欄を見たところ、

  • 極端に単価が低い
  • 高単価をうたっていたはずなのに、契約時に単価が下がっている

などのトラブルがあったようですよ。

 

単価が下がるのはいやだな

 

もしも単価を当初より低めに提案されたら、理由を尋ねるのが良いと思います。

その上で、契約しないという手もあります。

 

オファーを承諾しなければOKだもんね

 

https://twitter.com/akina_fykw/status/1235425380862844929

この方は、「個人の見解」としながらもランサーズのキャンセルが多いことを指摘しています。

確かに私も、募集した案件が自動キャンセルになってしまうことはたくさんあります。

提案してくれたランサーに直接依頼の形で依頼を出しているのか、それとも募集だけしてみたのかは謎です。

 

キャンセルならキャンセルの理由が欲しいな

ランサーズは、専業ライターでも使えるサービス?

ランサーズは専業ライターでも使えるのか?

ランサーズは、専業ライターでも使えるサービスなのでしょうか。

ランサーズを中心に稼いでいる人はいるのかな?

 

結論からいえば、ランサーズでも十分稼ぐことができます。

たとえば、

 

こちらの方は、ランサーズで月収140万円になったそうです。

もちろん、スキルや時間を総動員してこの月収だとは思うのですが、すごいですよね。

 

すごすぎる

 

ちなみに私の場合は、生活していくだけのお金はランサーズでまかなえています。

ランサーズを利用して2ヶ月目あたりから、収入が安定してきました。

 

なるほど。やってみようかな。

 

ちなみに、副業については下記記事で詳しく解説しています。

参考にしてみてください。

ランサーズは副業向き?【副業ライターは誰でも始められます】

 

まとめ

今回は、ランサーズの体験談や口コミについて紹介しました。

もしも興味を持たれた方は、下記リンクから登録してみてください。


クラウドソーシング「ランサーズ」

 

登録は無料だし、やってみようかな!