教員の一日の過ごし方とは?【定額働かせ放題で魅力はあるのか】

教員になろうとすると、いろいろな人から噂を聞くでしょう。

「毎日学校は21時とかになっても明かりがついている」

「朝から夜中まで働き詰めのブラックな職場だ」

 

しかし、

学校の先生って、ブラックだと言われてるけど、実際どうなの?
どんだけ忙しいのかよくわからん。子どもが帰ったら仕事なくない?

というのが本音ではないでしょうか。

実は、子どもたちがいないところでたくさん働いているのです…。

 

この記事の結論

  • 教員は定時まで自分の仕事はほぼできない
  • 残業代は定額でとても安い
  • 労働条件以上のやりがいを見出す人が生き残る
  • 子どもの成長のためにボランティア精神を持つ人が続けている

これ以降は、小学校教員だった私の一日をざっくり紹介していきます。

すずゆうは昔、小学校の先生だったらしいよ。すぐやめたけど。

 

ちなみに、休日のスケジュールはこちらで紹介しています。

参考にしてください。

教員の休日とは?何をしているの?答えはのちほど… 教員の休日の過ごし方を元教員が紹介!【休日も気は休まらない】

 

教員のスケジュールを紹介

私の教員時代の1日を公開します。

教員になりたての頃なので、これから教員を目指す人の参考になるでしょう。

ちなみにすずゆうは朝型みたいだよ。だから朝はもっと早く行く日もあったみたい。

 

子どもが来るまで

6:45
出勤
早い先生はもっと早い。私の勤めていた学校では、早い人は5時半からいるツワモノも…!
6:50
職員室の環境整備
ポットのお湯を沸かしたり、印刷機へ用紙の補充をします。
7:00
教室の環境整備
教室の掃き掃除をしたり、窓を開けて換気をします。
7:15
一日の流れの確認と教材の最終確認
その日の予定(学校行事や校内の予定など)もとに流れを確認します。

意外と見落としている活動があったりして慌てることも…。そのほかは、教材の印刷もれがないかなどについても最終チェックをします

7:35
登校指導
通学班がない学校だったので、毎朝通学路で登校指導をしていました。登校指導は、横断歩道で旗を振ることがメインです。

 

やっぱり学校の先生は朝早いな。すずゆうの職場では車で片道1時間半かけて通っている先生もいたらしいよ。ちなみにすずゆうは電車とバスで30分くらい。

 

子どもが来てから

8:20
朝会や朝活動
朝読書や朝会などがすぐにあります。朝会担当のときには前に出るので少し忙しいです。
8:40
朝の会~授業
ここからは休みはありません。授業が終わったら給食。

給食も休めません。子どもの話をきいたり、給食中の指導もあります。午後は掃除と授業があります。

15:30
下校指導
授業が終わったら、帰りの会をしてさようならです。子どもたちは下校します。

教師は子どもの下校を見守りに通学路へ行きます。なかなか子どもが来ない場合には学校と連絡を取り合います。

15:30~16:15
休憩時間
時間をみて「あれ?」と思った方も多いでしょう。

そうなんです。下校指導と休憩時間が重なることもしばしば(本当はいけないんだろうけど)ありました。

しかもこの後は終業時間まで休憩時間がとれません。子どもが帰ったら「やった!休憩だ!」と思いたいところです…。

16:15
学年会
休憩が終了したら、学年で学習進度の確認や学年行事の打ち合わせです。クラス数が少ないと早く終わりますが、7クラス前後あると大変です…。学年会は週に2回あったので、ここで指導の悩み相談もしていました。

ここまで授業の準備とかはないな。授業はどうするんだ!?

勤務時間は終わり残業へ

あれ?こんなに終業時間がはやいんだね!定時上がりだったらめちゃくちゃいい仕事。
16:50
業者との打ち合わせ
業者とタブレット導入にかかわる講習会の打ち合わせをしました。先生向けの講習会なので、どの程度まで知識を確認していくのかをすり合わせます。

学校の先生はデジタル機器に疎い人が多いので、なかなか大変です…。民間に転職して改めて実感をしました。

18:00
学年だよりの作成
なんとこの日は学年だよりの校正が戻ってきていたので直します。

学年だよりも教育委員会のレギュレーション(送り仮名とかのルール)に合わせて書く必要があるので、管理職のチェックが入ります。

これを直して印鑑をもらわないとお便りの印刷ができないので、最優先で進めます。

18:45
事務作業
その後は、クラスの出欠状況をシステムに打ち込みます。これをためておくと通知表時期に困ります。

また、メールの返信や役所への提出書類などの雑務もこの時間にします。

19:15
印刷と教室整備
疲れてきたので、休憩がてらプリントの印刷に行きました。枚数が多いので印刷中に教室の掃除もしちゃいました。

ここまで授業準備がないのに気が付きましたか?そうなんです。授業準備の時間がなかなかとれないのです。

19:30
学校ウェブサイトの更新
私の校務分掌(学校の仕事分担)であるウェブサイトの更新作業です。

行事の写真をアップロードしてブログを更新します。私の学校では、ブログの文面を事前に管理職に確認してもらう必要がありました。

この日はOKをもらった文面を打ち込んでいきます。

19:45
明日の授業準備(教材研究)
ここから学校の先生っぽいことをします。明日以降の授業準備です。

小学校では、ほとんどの教科を一人で受け持つので準備が大変。

教材研究については別記事で紹介します。

22:00
退勤
疲れのピークが来たのでここで退勤です。明日も頑張ろう。

こんな感じのスケジュールで5日間すすんでいきます。

これは会議がない日なので、割と時間にゆとりがある日です。

教員の勤務時間と残業代ってどうなっているの?

ここでは、教員の勤務時間を確認します。

勤務時間は7時間45分!休憩込みなので少なめ

公務員である学校教員の勤務時間は、どれくらいの時間なのでしょうか。

文部科学省の資料によると、以下のように書かれています。

(前略)
具体的な勤務時間は給与負担者である各都道府県及び政令市の条例等によって定められる(※1)が、労働基準法第32条において、
○使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない
○使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない
と規定されており、教育公務員はその制約を受ける

※1都道府県及び政令市において、1日当たりの勤務時間は7時間45分とされている。

引用元:公立学校の教育公務員の勤務時間等について|文部科学省

ここから教員の勤務時間は7時間45分であることがわかります。

何時から勤務開始という具体的な時間は、自治体又は学校ごとに定められています。

私の勤めていた政令指定都市では、学校ごとに勤務時間が微妙に違っていました。

私は「8:20~16:50」という時間でした。

教員の友人にも確認してみましたが、5分から10分ほど勤務開始・終了時間が変わっているようです。

ということは、さきほどの私の例でいうと、6:45~8:20と17:50~22:00は時間外労働となります。

なんと一日で5時間45分の残業なんです。

もちろん私の業務効率が悪かったのもありますが…。

 

教員は残業が多いから残業代でもうかる?

これだけ残業してるとこんな疑問が浮かぶかもしれません。

こんなに残業してたら、残業代たくさんもらえるね。

ネット上に公開したら「税金の無駄遣いだ!」って言われちゃうんじゃないの?

 

ここでも衝撃の事実です。

教員には時間に応じた残業代はありません。

給与の4%がみなし残業のように支給されています。

第三条 教育職員(校長、副校長及び教頭を除く。以下この条において同じ。)には、その者の給料月額の百分の四に相当する額を基準として、条例で定めるところにより、教職調整額を支給しなければならない。
2 教育職員については、時間外勤務手当及び休日勤務手当は、支給しない。

上の法律は、通称「給特法」と呼ばれています。

給与の4%が残業代というのは非常に少ない額です。

例えば、基本給20万円の場合には月に8000円です。

この金額の残業代の範囲でおさまっている教員はほとんどいないといってよいでしょう。

 

労働条件は良くないが魅力もある(人による)

ここまでを読むと、なんだか自ら地獄に飛び込むような仕事のように思えるでしょう。

しかし、教員として働いている人は今も多くいます。

最近でも試験の倍率は下がりつつあるものの、一定の人気はあるのです。

ここではその理由について探っていきたいと思います。

残業は多いしお金ももらえないんじゃ、教員のモチベーションがさがっちゃいそうだよね。

労働環境以上のやりがいがある(こともある)

子どもの成長をそばで見守れるのは教員ならでは。

場合によっては保護者よりも子どもと関わる時間が長いこともあります。

ふとしたときに子どもの成長を感じることもあり、それがやりがいとなることもあるようです。

民間企業ではありえない長さの長期休暇

教員は、子どもがいない夏休みは有給休暇(年休)が非常にとりやすいです。

研修日をうまくかわしていくと、10連休以上とれることも。

そのため、海外旅行に行ってリフレッシュする人も多くいました。

長期休暇で気持ちを切り替えるのかもしれません。

夏休み期間は研修と自分の仕事だけ!定時で帰れる

夏休み期間は、基本的に定時で帰れます。

しかも研修を除けば教材研究や事務作業にあてられるのです。

この期間で普段の残業三昧との帳尻合わせをしている人もいるでしょう。

公務員という安定した身分

怪我や病気になれば休暇が取れる上に、福利厚生も充実。

また倒産もないのである意味のびのびと働けます。

残業を割り切ればある程度の給与と身分が保証されているのも魅力でしょう。

まとめ

今回は、教員の一日から労働環境まで深堀りしました。

もう一度要点を確認します。

  • 子どもがいる日は定時まで仕事ができない
  • 残業代は法律で定額・低額となっている
  • 労働環境は悪いけれど子どもの成長を支えるやりがいがある
  • 長期休暇と身分の安定で割り切っている人もいる

この記事をまとめながら、改めて教員生活は過酷だったと思いました。

現役の教員はすごいなと尊敬します。

長期休みがとれるから、なんとか続けているのかも…。子どものためでは限界がありそうだよね。

ちなみにすずゆうはすぐに教員をやめて民間に転職したらしいぞ。

教員の転職先15選!教師から転職した経験者が紹介【公務員・民間】

教員から、別業種に転職を希望している方はこちらを参考にしてください。